aga治療は続けることに意味があります

毛髪28

aga治療はコツコツと続けることが発毛への近道になります。ここではaga治療を続けるためのコツ、忘れてはいけない費用のこと、具体的な治療期間などについて説明しています。aga治療を受けているのに発毛を実感できない人は、間違った方法で治療を続けている可能性が高いです。

正しい方法を把握して楽しくaga治療を続けましょう。

→aga治療を始めるなら患者数の多い医療機関の事情を確認しよう

aga治療を受けられる場所は医療機関だけ

aga治療は医療機関でしか受けることができません。育毛サロンでは育毛ケアを受けられますが、これはaga治療とは異なるものです。治療とはすべて医療行為であり、aga治療であればaga治療の専門クリニック、その他aga治療に対応した医療機関で受けられます。

agaは皮膚疾患の一種とされるので皮膚科の管轄ですが、それ以外の診療科で対応していることもあります。治療は薬物療法が中心になり、外用薬と内服薬の使用を続ける治療法が一般的です。aga治療は続けることが大切で、これはすぐに発毛効果を得ることが難しいからです。

風邪や腹痛、胃痛などであれば、治療薬を服用したらすぐに治るというケースがありますが、agaは遺伝や体質が大きく関係しています。肥満や脂質異常症、高血糖などの生活習慣病は改善に時間がかかるでしょう。agaは5αリダクターゼという脱毛を促進する酵素によって引き起こされています。

この酵素の作用を阻害していく方法が要となり、一般的に6か月以上の継続治療が推奨されています。

どうやってモチベーションを上げるか

aga治療の要となるのは外用薬と内服薬であり、自分が納得するボリュームを取り戻すまで薬物療法を続ける必要があります。効果を実感するまでの期間は個人差があり、3か月未満で実感する人もいれば、1年くらいかかる人もいます。

agaは初期の症状であるほど効果が早く発現する傾向があるので、放置せずに早めに治療を開始しましょう。大切なのは発毛を実感するまで続けることであり、1~2か月で発毛を諦めてしまうのは早すぎます。6か月継続して変化がなかった人が、1年続けることで発毛したという事例は少なくありません。

aga治療を続けるためには、モチベーションの維持がポイントになります。治療を続けても髪が生えないかもしれないとネガティブに考えてしまうと、モチベーションは下がってしまいます。やる気を引き出すためには、髪が生えてフサフサになった自分をイメージすることです。

髪を取り戻したら恋人をつくりたい、海水浴やプールで遊びたい、煩わしいカツラを外したい、などと目標を設定しておきます。人は目標を設定することで、やる気が向上しますし、今やるべきことが見えてきます。

→aga治療を受けるとどのような変化があるのか

aga治療を始める人は費用のことを考えておこう

aga治療を続けるためには、費用の問題は無視できません。どんなにモチベーションを高く維持しても、途中で資金が尽きてしまえば治療を続けることはできなくなります。発毛を実感したと思ったら、金欠になって治療を断念せざるを得なくなった人もいるのです。

治療を続けるためのコツは、aga治療になるべくお金をかけないことです。薬物療法は全般的に低コストで、月の治療費は2万円程度が相場になります。

ただ自費診療という性質上、クリニックによって差があります。

クリニック側が独自に料金設定をするので、同じ治療薬でもひと月あたり3,000円くらいの差が出ることがあるのです。同じ治療薬であれば安いほどいいのは間違いありません。

治療薬の費用はagaクリニックの公式ホームページで確認できます。費用を最小限に抑えたい方は、ジェネリック医薬品を使用する方法がおすすめです。ジェネリックは製造工程が先発薬と異なる場合がありますが、内容成分に関しては違いがないです。

ジェネリックは偽物と認識する人がいますが、あくまで先発薬のコピーであって偽物ではありません。

ジェネリックを使用すれば1か月あたりの治療費を1万円程度に抑えられる場合があります。

aga治療は永久的に続ける必要があるのか?

5αリダクターゼの分泌を阻害する内服薬を服用すれば、脱毛の原因物質を抑えられます。服用中は脱毛の進行を食い止め、さらに発毛を期待できますが、内服薬はagaを完治させるものではありません。そのため継続的に使用する必要がありますが、ある程度のボリュームまで復活したら中止する人もいます。

その後は市販の育毛剤、規則正しい生活などを実践して毛量を維持するわけです。ただし5αリダクターゼの分泌量が多い男性だと、内服薬をやめてから数か月くらい経過すると、再び脱毛に悩まされる人が少なくありません。

頭髪のボリュームが明らかに減っているならば、aga治療を再開する必要があるでしょう。aga治療薬の使用を続けることに不安がある人は、休薬や減薬などの選択肢を勧められることがあります。人によっては休薬をしても、ボリュームをずっと維持できるケースがあるのです。

3~6か月ほど休薬してもボリュームが減らないならば、完全に薬物療法をやめられる可能性があります。減薬の場合は薬の副作用は気になるけど、完全にやめると再び脱毛が始まるという状況で選択されることが多いです。

aga治療では治療薬の使用を忘れないことが大切

外用薬と内服薬は毎日使用するべきもので、外用薬は1日2回、内服薬は1日1回の使用になります。aga治療を続けているのに脱毛が進行していく人は、治療薬を毎日使用していないケースが多いです。例えば内服薬の飲み忘れが続くと、三日坊主になってしまう人が少なくありません。

薬効成分の血中濃度を安定させるためには、毎日の使用が必須になります。うっかり忘れを防ぐためには、目に見えるところに治療薬を置いておくのがコツです。さらに使用する時間を決めておけば、ルーティーン化させられるでしょう。

食事をしたあとは歯を磨くのと同じように、朝起きて洗顔したあとに治療薬を使用するなどとタイミングを決めておくわけです。人間は習慣化させた行動に関しては、無理なく継続できる性質があります。agaの薬物療法でやってはいけないことは、治療薬の使用を忘れたからと翌日にまとめて使用することです。

一度に大量の薬剤を使用すると、副作用が発現する可能性が高くなるので絶対に避けてください。

aga治療を続けるための基本とは

医療機関でのaga治療は、薬物療法によって発毛を促進させます。治療は6か月以上に及ぶことが多いので、長期的な視野を持って治療を受けることが大切です。髪を取り戻した自分を想像しながら、楽しく治療を受けましょう。

aga治療を無理なく続けるには、治療費をいかに抑えるかが重要になります。ジェネリック医薬品を使用すれば、先発薬より安く抑えられます。aga治療では必要に応じて休薬や減薬なども検討してください。